電話する

WEB予約

無料矯正相談

メニュー
■■ 新型コロナウイルス対策について ■■
検温、手指消毒、滅菌・口腔外バキュームなどを導入しております。
ご協力下さい。
↓↓↓↓↓↓
「当院の新型コロナウイルス対策について」
ご確認よろしくお願い致します。
ヘッダーオファー

歯磨き後に使うジェルの効果とは?

2021年1月3日

こんにちは、富士見市の鶴瀬あおぞら歯科クリニック 院長の藤原仁です。

 

今回のブログでは、前回に引き続き、鶴瀬あおぞら歯科クリニックで扱っている物販についてお伝えさせていただきます。

みなさんは歯磨き後にジェルを活用したことはありますでしょうか?

ちなみに、ジェルと聞くと皆さんはどう感じますか?

「なんとなくベタベタしそう」

「ジェルにも色々種類があるのでつけるのが不安」

など、あまり使用されたことがない方が多いかもしれません。

 

そこで今回は、鶴瀬あおぞら歯科クリニックで扱っている[チェックアップジェル]についてご説明いたします。

 

「誰が使うの?」

チェックアップジェルは、歯が生え始めの赤ちゃんからご高齢の方まで、老若男女の全ての方にご利用いただくことが可能です。

 

「どうやって使うの?」

このジェルは、歯磨きした後に、歯ブラシにつけ、お口全体にいきわたるよう(歯磨きするような感じで)塗布してもらうだけです。その後たまった唾液をすてるか、気持ちがわるかったら少量の水でうがいをしてください。塗布後30分以内は、飲食をしないようにお願いします。

 

「どういう効能があるの?」

・歯の表面を強化することができる。

乳歯は永久歯よりも柔らかくて強度がなく、酸に弱いため、簡単に虫歯になりやすいので、一度虫歯になると一気に進行してしまいます。フッ素には、抗酸化作用があるために、むし歯菌の活動を抑えることができます。そのために、フッ素の塗布が早ければ早いほど強い歯にする事ができます。

・初期虫歯の再石灰化を促してくれる。

実は唾液の中には、カルシウムやリンを含んでいて、一度溶けてしまった歯の内部に浸透し、歯を元に戻そうとする作用があります。(※これを再石灰化といいます)フッ素は、この再石灰化を助ける効能があります。

・プラーク(歯垢)の付着の抑制

プラーク(歯垢)はお口の中を悪さする最近の温床のようなものです。フッ素には抗酸化作用があるとお伝えしましたが、フッ素を取り入れることで、プラーク内の細菌の代謝系酵素の働きを抑制することができます。

 

鶴瀬あおぞら歯科クリニックでは、3種類のチェックアップジェルをご用意しております。

バナナ(500ppmF):うがいのできないお子様にオススメです。

グレープ、ピーチ(950ppmF):お子様からご高齢の方までご使用いただけます。

鶴瀬あおぞら歯科クリニックでは、患者様に合った口腔ケアグッズのご提案いたします。

「自分が使っている歯ブラシや歯磨き粉が合っているか分からない。」

「どのように選んだら良いかしりたい。」

そのように感じていらっしゃる方は、一度ご来院いただけたら幸いです。

 

鶴瀬あおぞら歯科クリニック 院長 藤原仁

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは049-275-6480へ

診療時間
9:00~18:00
/
休診日 / 日曜・祝日
※ 最終は17:30 お昼も休まず診療しております。
お問い合わせはこちら
鶴瀬あおぞら歯科クリニックの外観
ネット予約
ネット予約
フッターオファー
© 鶴瀬あおぞら歯科クリニック