電話する

WEB予約

無料矯正相談

メニュー
■■ 新型コロナウイルス対策について ■■
検温、手指消毒、滅菌・口腔外バキュームなどを導入しております。
ご協力下さい。
↓↓↓↓↓↓
「当院の新型コロナウイルス対策について」
ご確認よろしくお願い致します。
ヘッダーオファー

歯科衛生士によるエアフローとは?

2021年6月17日

こんにちは!富士見市の歯医者[鶴瀬あおぞら歯科クリニック]院長の藤原仁です。

当院に開業時からご来院いただく患者様の中にも、
「これまで定期的な検診に行っていなかったけれど、鶴瀬あおぞら歯科さんに通いだしてから、歯医者に行く重要性が分かった!」
と仰っていただける方がいらっしゃいます。

こちらの患者様が仰る通り、治療が終わってからが大切です。

その理由として、お口の中の菌の病巣であるバイオフィルムは、いくら歯磨き、歯間ブラシ、フロスを頑張っていたとしても、
3~4ヶ月で形成されてしまうからです。

バイオフィルムからご自身のお口の健康を守るためにも、定期的な歯科医院への来院が必須になります。

定期検診の際には、国家資格である歯科衛生士が患者様のお口のケアを担当させていただいております。

今回は歯科衛生士の定期検診時に行うエアフローについてお伝えさせていただきます。

【エアフローとは?】

エアフローは、細かいパウダー状の粉と強力なジェット水流を歯面に吹き付けて、歯についた汚れを落とす器具です。
 
おもにタバコのヤニ、コーヒー、紅茶、ワイン等(ステイン)のしつこい着色汚れに効果的で自分の歯本来の白さを取り戻す事ができます。

そのために、
・普段タバコを吸う習慣がある。
・着色がつきやすい飲食習慣がある。
このような方はよりエアフローの効力を実感いただけると思います。

また強力な水流により、歯の隣接面やポケット内のプラークなどの汚れを落とし、ホームケアでは除去しきれないバイオフィルムも落としてくれるので、歯の表面がツルツルになります。エアフローには、超微粒子パウダーを使用するので、普段のブラシやラバーカップでの仕上げに比べると歯や被せ物などに傷を付けず優しく汚れを落とすことができます。そのために、歯の表面がツルツルになるので術後歯垢、歯石、着色の再付着が起こりにくくなります。

しかしながら、強い水圧で噴射するので、知覚過敏の方や歯肉や舌にあたるとチクチク感じる方もいらっしゃいます。当医院で利用しているエアフローのパウダーは無味無臭で塩分を含まないため歯肉への負担も少なくできます。もしも痛みを感じやすいという方は、事前に歯科衛生士までお伝えいただければ、痛みに配慮した処置を行いますので、ご安心いただけたらと思います。是非、皆さんも鶴瀬あおぞら歯科クリニックの歯科衛生士による定期検診で、健康でツルツルの歯を経験してみてください。

鶴瀬あおぞら歯科クリニック  院長  藤原 仁

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは049-275-6480へ

診療時間
9:00~18:00
/
休診日 / 日曜・祝日
※ 最終は17:30 お昼も休まず診療しております。
お問い合わせはこちら
鶴瀬あおぞら歯科クリニックの外観
ネット予約
ネット予約
フッターオファー
© 鶴瀬あおぞら歯科クリニック